徒然とエモーション

ブログって誰に向けて書くものなんでしょうね?と思いながら音楽とか本とかについて、自分でもよくわかっていない誰かに向けて書くブログです。

マカロニえんぴつ マカロックツアーvol.11 ~いま会いに行くをする篇~の感想

4月14日札幌カナモトホールで開催されたマカロニえんぴつのライブ「マカロックツアーvol.11 ~いま会いに行くをする篇~」に行ってきました。 

フジファブリックのダイちゃん生誕祭以来なので1年以上ぶりのライブへの参加。

 

メジャーデビューアルバムのタイトル「愛を知らずに魔法は使えない」のタイトルに違わない、愛をたくさん受け取ったハッピーなライブだった。

この時期にライブへ行くことの是非とか、不謹慎とかいろいろな意見があるのは理解している。でも、でも、音楽やライブはやっぱり生きていくのに不要なものなんかじゃないと思っている。

観に行く私たちがちゃんと感染対策を守って、演者の皆さんがこの状況下でもライブを続けられることを切に願います。

 

 

 

 

以下、軽い感想です。ネタバレとセットリストを載せたので、ご注意ください

 

はじめてマカロニえんぴつのライブを観たのは2019年末のカウントダウンジャパンで、その時ボーカルのはっとりさんが「自由に楽しんで」と話した姿がとても印象的だった。

そして4月14日のライブでも同じことを言ってくれた。

たぶんいつも言っていることなのだろう。そして彼らはそう思って演奏しているのだと思う。”音楽は自由に楽しむもの”だって。

なにものも拒絶しない感じがあって、そのスタンスがすごく好きだ。

 

14日のライブはツアーで2本目。このツアーの中でバンドも曲もどんどん育って、もっともっと多くのの人に聴かれる音楽になっていくんだろうなあという確信を抱かせてくれるようなライブだった。

 

実際本当にどの曲も純粋にいい曲だと思う、ライブだとその魅力倍増で、これぞグッドメロディー!

聞いていて最高に楽しくて心地よかった。心が沸き立つ感じ。

特にお客さんのテンションがぐっと上がった感じがしたのは、「恋人ごっこ」のイントロが奏でられたときで、周りから声にならない歓声(声出しちゃいけないことになってるからね)を感じた。

 

「ブルーベリー・ナイツ」のあの印象的なピアノのイントロとかもそうだけど、マカロニえんぴつの鍵盤が本当に好きで、「ルート16」みたいなちょっと独特ないい意味で変わった感じの曲でもすごく効いていると思う。

ライブでも長谷川さんのKeyかっこいいな、と純粋に思った。

 

その「ルート16」と「ノンシュガー」、映像の演出もノリノリで楽しい演奏だった。

 

私は「mother」という曲が大好きで、ライブで聞いていたら無性に泣けてしまったし、ラストが「ミスター・ブルースカイ」で終わるというのが感動的だった。

サヨナラグッバイ、笑ってスカイハイ
とりあえずまた明日
それでもいいかい?
これならいいかい?って何回も言う

 

ミスター・ブルースカイ

ミスター・ブルースカイ

  • マカロニえんぴつ
  • ロック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

田辺さんのギターっていつもフライングVだなあと常々思っていたのだけれど、それが「こだわり」だということをお話されていたり、ベースの高野さんが北海道(題材の)アニメというお話で「銀の匙」(私も大好き)を紹介されていたりして、MCも面白かった。

 

勝手に彼らの代表曲のように思っていた「レモンパイ」や「ヤングアダルト」「青春と一瞬」あたりは演奏されなかった。

けれど、アンコールの最新曲「はしりがき」まで幅広く色々な曲を演奏してくれて、とっても満足&楽しめた。最高の夜だった。

 

セットリスト

1.生きるをする
2.遠心
3.眺めがいいね
4.溶けない
5.恋人ごっこ
6.STAY with ME
7.ボーイズ・ミーツ・ワールド
8.春の嵐
9.mother
10.メレンゲ
11.雫色
12.ルート16
13.ノンシュガー
14.ブルーベリー・ナイツ
15.カーペット夜想曲
16.ミスター・ブルースカイ
EC.はしりがき

祝、スピッツデビュー30周年

本日、3月25日でスピッツデビュー30周年!

 

ご本人たちや事務所はどっちかというと結成年の方を重視しているような気がしていたので、あまり気にしていなかったのだけれど、公式twitterやインスタでの過去CDの振り返りカウントダウン企画とか見ていたら盛り上がったし楽しかった。

あの時こうだったな、とか思い出とスピッツの楽曲が一緒に浮かんできてとても良かった。

 

そしてついに『紫の夜を越えて』がリリース!!


スピッツ / 紫の夜を越えて

 

美しいギターのアルペジオのイントロからどっぷりスピッツの世界に浸れる。

リリースされるたびに思うけれども、新曲が聞けるってなんて幸せなんだろう。

ずっと当たり前のように思っていたけど、全然当たり前じゃないんだなって最近思うようになった。

ちょろいファンなのでWOWOWにも課金しました!!3月27日が楽しみ。

 

いずれにしてもデビュー30周年おめでとう。

私の生活をいつも彩ってくれてありがとう。

これからも聴き続けます。

スピッツの8cmシングルCDを愛でる

 

スピッツのデビュー30周年の今年、公式のインスタやtwitterでジャケ写とメンバーのコメントが流れてきて、それだけで胸が熱い今日この頃。

 

ちょっとそれに乗っかって、今は亡き8cmシングルCDを振り返りたい。

 

私がスピッツのCDを買い集め始めたのは1996年に発売されたシングル「チェリー」から。

当時高校生だったのでお金もなく、「チェリー」以前のシングルは、当時アルバム未収録のカップリング曲のものだけを購入していった。今思えば全部買っておけばよかったと本気で思う。

 

当時買った8cmシングル、今も手元に残っていて思い出がビシバシ詰まっている。

ちなみに私が所持しているスピッツの8cmシングルは以下の通り。

  • 魔女旅に出る
  • 日なたの窓に憧れて
  • 惑星のかけら
  • 裸のままで
  • 青い車
  • ロビンソン
  • チェリー
  • スカーレット
  • 運命の人
  • 冷たい頬/謝々!
  • スピカ/楓
  • 夢じゃない
  • 流れ星
  • 君が思い出になる前に(確か何年か後?に再発売したバージョン)

 

8cmシングルってスピッツに限らず今はもう、中古屋とかメルカリとかでしか手に入らない(中古屋でも8cmってもはやあまり見ない)と思うのだけれど。

今日はそれらを愛でるだけの記事ですw

 

①CDの盤面がカワイイ魔女旅に出る

f:id:etomochang:20210306211421j:plain

スピッツのアルバムをすべてお持ちの方ならぴんと来ると思うのだけれど、『名前をつけてやる』と対になる柄の盤面になっていてとてもカワイイ。

『名前をつけてやる』の盤面は黒い猫の左向きのシルエットで同じようにドットが配置されている。シンプルだけどこの当時からオシャレ。

 

②ジャケットが切手型のシールになっている『チェリー』

f:id:etomochang:20210306212002j:plain

初めて買った記念すべきスピッツのCDである『チェリー』のシングルはジャケットがメンバーの横顔の切手風シールになっている。

おそらく初回盤仕様、大ヒットした恩恵というか当時にしては凝った作り。

たしかシールを剥がした下の写真は笑ってるのがあったような…?剥がしてないから定かではないけど。

ちなみに外袋に題字部分のシールが貼られているので捨てられず、外袋のまま保管している。

 

このあとリリースされたアルバム『インディゴ地平線』の初回盤に連動する仕掛けがあって、オレンジのケースのCDを嵌めてあるところを外すとCherry Stamp Here!と書かれた手紙風のカードが入っている。でも、もったいなくて貼れなかった。

 

③一番大好きなジャケット『渚』

f:id:etomochang:20210306213346j:plainf:id:etomochang:20210306213333j:plainf:id:etomochang:20210306220325j:plain

この頃のシングルのジャケットってメンバーが顔出ししてたんだな~って感慨深いものがある。

開いた中のCDも、プラスチックのところもブルーの仕様。

当時はまだこのプラスチックのところが白か黒か、せいぜいあって透明って感じだったので、クリアなブルーが新鮮だった。

 ちなみに一番右の写真は今は亡きPATi-PATiかなんかの『渚』の宣伝ページの切り抜き。これポスターになってCDショップに貼られていて好きだった。

 

④ライブ音源収録!『スカーレット』

f:id:etomochang:20210306213602j:plain

 このシングルにはカップリング曲は存在しない。

その代わり2曲目として『うめぼし(Live Version)』が収録されている。

1stアルバムに収録されている「うめぼし」の1996年5月名古屋センチュリーホールでの演奏。私が所持しているオフィシャルデータブックの記録だと、SPITZ JAMBOREE TOUR LIMITED'96カゲロウの集いのものだと思う。なのでイントロ部分などに管弦が入っている貴重な演奏。

ド頭の「うめぼしたべたい」のあとにあがる観客のキャーという歓声にちょっと変態感を感じるw。スピッツらしさ満点で楽しい。

 

⑤「愛のしるし」の聴き比べができる『流れ星』

f:id:etomochang:20210306222232j:plainf:id:etomochang:20210306222237j:plain

黒いジャケットを開くと出てくる鮮やかな黄色が素敵。

このシングルもカップリング曲はなくて、2曲目が『エトランゼ(TANAYAMIX)』、3曲目がPUFFYに提供した愛のしるし(LIVE'98 version)』という異色の組み合わせ。

『エトランゼ』はアルバム『フェイクファー』の1曲目を棚谷祐一さんがリミックスしたバージョン。8:29ともしかしたらスピッツで最長の曲なのかもしれない。宇宙空間を思わせるようなハウスのようなミックスになっている。よく見ると盤面にエトランゼの歌詞が書かれている、なぜ?

愛のしるし』はPUFFYに提供した曲のセルフカバー。

1998年11月15日赤坂BLITZでの収録と記載されている。これもオフィシャルデータブックで調べたところSPITZ JAMBOREE TOUR'98"fake fur"においてアンコールで演奏されたもののようだ。

スピッツによる『愛のしるし』のCD音源リリースは1999年のB面集アルバム『花鳥風月』なので、これはそれより前にライブで演奏されたもの。

この音源を聞くと、スピッツのセルフカバーよりも原曲であるPUFFYのアレンジにかなり近い演奏になっていて(イントロのドラムの音とか)テンポも速い。花鳥風月収録バージョンよりポップな愛のしるしが堪能できる。

 

 

確かこのあとすべてのシングルが12cmシングルになって再発されたと記憶しているのだけど、統一感のあるジャケットになった一方で、その時の空気を映していた8cm時代の味わいがなくなっていてちょっと残念だったなあ。

8cmシングルの再生はまだ私が所持しているPCでできるので、これからも大切にしていく所存。

 

 

余談ですが、④⑤の音源は12cm盤でも聴けると思うのだけれど、ベスト盤が出たタイミングで廃盤になった気がするので、中古屋とかで見つけたらぜひ聴いてみてほしい。ちなみにライブの音源は、『流れ星』以降だと

『さわって・変わって』収録→「放浪カモメはどこまでも」
『シロクマ』収録→「ナイフ」「シロクマ」
『つぐみ』収録→「恋する凡人」「つぐみ」

があるけれど、特に「ナイフ」のライブバージョンをお勧めしたいです。

米津玄師のインスタライブの話

少し前の話。

米津玄師さんが久々のインスタライブをやっていた。

確か、2月22日あたり。

インスタライブが聞きたくてインスタのアカウントを取得し、まったく投稿もしない私のアカウント。まさに米津さんのインスタライブを聴くためだけのアカウント。 

でもインスタのアカウント取ってて良かった。

 

なぜなら、

米津玄師がスピッツの「ガーベラ」をカバーしてくれたから!!! 

ガーベラ

ガーベラ

  • provided courtesy of iTunes

 

ツイキャス時代はスピッツの「チェリー」とか「桃」をよくカバーしていたし、スピッツ好きなの知ってたけど(米津玄師が「今ハマりすぎてるゲーム」とは? - ライブドアニュース (livedoor.com))。

 

米津さん最近は全然インスタライブで歌わなくなっちゃったし、もう歌わないんだなあと思っていたところにきた、「ガーベラ」のカバー!!!!

震えながら聞いていました。

 

「ガーベラ」は生と死の深淵を覗き込んでいるような印象の曲。聞いていると、別の世界とか宇宙に引き込まれていくような感じがする。

シングル「さわって・変わって」のカップリングとしてリリースされた曲で、ファン以外にはあまり知名度が無いような曲だ。しかもポップというよりは暗い曲。

そんな曲をカバーで選ぶセンスが大好き。米津さんは結構暗い歌が好きそうな勝手なイメージがある(でもtwitterでは「潮騒ちゃん」が好きって言ってたけど…)。

 

サビの「ハローハローハロー よろしくね 繋がってる命に甘えて」のところ、マサムネさんはビブラートをかけずに静かにゆったりと歌っている。米津さんはゆったりしているのは同様だけれど、サビの部分は歌い上げる感じだった。

 

「ガーベラ」に限らずマサムネさんは歌い方にあまり感情を込めない。でもだからこそ、スピッツの楽曲は聴き手側に歌詞や音からイメージする余地がたくさんあって、より楽曲が引き立つような感じがする。 

一方、米津さんが歌うと、弾き語りのせいもあるかもだけれどすごくドラマチックな感じ。あれ、ガーベラってこんな曲だったかな?っていうくらい。スピッツの曲だと知らなければ、米津玄師の曲だと思った人もいるのではないだろうか。

 マサムネさんの「ハローハローハロー」は世界そのものに語りかけている感じで、米津さんのは刹那的に響く感じ、というか。

 

結論はどっちも最高、ってことなんだけれども。

いずれにしても自分の敬愛するアーティストの曲を、好きなアーティストがカバーしてくれるというの興奮するし、それが超有名曲じゃないというのがさらに嬉しい。

 

歌い終わった後の米津さんの「スピッツはいいですよねぇ」というしみじみ感あふれるコメントも含めてヨカッタ。

 

スピッツのカバーの話ばかりしちゃったけど、他にもツイキャス時代からおなじみのユーミンの「翳りゆく部屋」や古川本舗の「スーパーノヴァ」とか、瑛人の「香水」のちらっとギター演奏、とかみんな良かったです。

たまにあるご褒美って感じで、インスタライブのアーカイブが残らない刹那的な空気も含めて好きなので、また巡りあいたい。でも聞き逃すと本当に悔しいのよね…。

近頃のアニメ主題歌

アニメや漫画はお好きですか?

 

私はほどほどに好き。すっごい観るってわけでもないのだけど、それなりには観ている。

特にこの秋~冬にかけて放映しているアニメは見たいなあと思うものが結構あって

「呪術廻戦」「進撃の巨人」「おそ松さん」「はたらく細胞」「はたらく細胞Black」「怪物事変」を観ている。なかなか1シーズンでこんなに観ていることはないので自分でもびっくり。

本当はその他にも「ワールドトリガー」とか「Dr.Stone」とかも観たい。

 

結構アニメきっかけで歌手やバンドを知ったり好きになったりすることもあるので、意外とあなどれないOP/ED。

私はKing Gnuも「BANANA FISH」のED曲やってて好きになったし(『prayer X』)、UNISON SQUARE GARDENとかもそう。

 

 

1月から曲が変わってしまったけれど、秋クールの「呪術廻戦」はOPもEDもすごく好きだった(冬クールもいいけどまだ耳馴染んでない)。

 


廻廻奇譚 - Eve MV

OPだったEve『廻廻奇譚』はめちゃくちゃ良かった。このMVも最高。

 「呪術廻戦」にピッタリはまっていて、マンガやアニメのファンが歌詞を聴いたり見たりしても楽しいのがすごいし、そういうアーティスト側の姿勢もすごく良いと思う。

作品愛ってやっぱりファンにも伝わると思うし、アーティストのファンだけでなくってそのコンテンツの視聴者にも楽しんでもらいたいっていう感じがある曲っていいよね。

ちなみに「呪術廻戦」は単行本も全巻持っているのだけど、個人的に0巻が大好きなので0巻をアニメ化してほしい(そして本編にも乙骨に登場してほしい)。

2巻だったか3巻だったかには作者による各キャラのイメージソングがおまけページに掲載されていて、それも興味深かった(作者の年代と好みがわかって面白い)。

 

 

あとはやっぱり「進撃の巨人」の今期のOPになった神聖かまってちゃん『僕の戦争』がいろんな意味でスゴイ。


TVアニメ「進撃の巨人」The Final SeasonノンクレジットOP【神聖かまってちゃん「僕の戦争」】

 

これまでのRevoさんの曲は調査兵団のお話だったからこそのものだから、マーレ編はどうなるんだろうと思っていたんだけど、神聖かまってちゃんが担当。

作者の諌山先生が神聖かまってちゃん好きって書いてたし前もEDやってたと思うけど、なんかとにかくこの曲がかかると体がざわわわ…っとする。そしてとにかく耳に残る。

進撃は別マガ本紙で原作を追っていてこの先の展開を知っているだけに、この曲の詞を日本語に訳したものを読むとさらにざわっとする。

面白い作品って世の中にたくさんあるけれど、「進撃の巨人」は面白いだけではなく、すごい作品だと思うので、このまま最終回まで突き進んで私たちを絶望の底に落としてほしいと思ってる。

 

ちなみに「はたらく細胞」の無印がバリバリのキャラソンなのに対して「はたらく細胞Black」の主題歌がPOLYSICSなのも毎回テンションがあがって好き(無印のキャラソンも好きだけどね)。

走れ! (with ヤマサキセイヤ)

走れ! (with ヤマサキセイヤ)

  • POLYSICS
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes